ぽっちゃり専門のデリヘルを安全に且つ女の子の魅力を最大限に引き出すために

風俗で遊ぶなら性病のリスクは覚悟しなきゃ遊べない!と、遊びなれた人は良く言いますが、今の医学では決定的な治療法がない「完治しない性病」だってあるわけで、「覚悟の上!」などと息巻いてもいられません。あまりにも代償が大き過ぎますよね。

コンドームを使いさえすれば、風俗遊びに興じても、それなりにリスクは軽減できます。コンドームは「避妊具」ですが、性感染症対策としても大変優秀です。しかし正しく装着しないと、その効果も半減です。デリヘルなどの風俗嬢を呼ぶときには、コンドームを使う場合でも、ホテルに置いてあるコンドームを使っている人も多いでしょう。

このコンドームは信用性が低いということを考えておかねばなりません。そのコンドームが製品として信用性が低いということではなく、誰かがいたずらをしているかもしれませんよね。針で穴を開けているかもしれません。それだけでも性感染症に感染する可能性が激高しますし、妊娠の心配も伴います。自分が保管しているコンドームが一番信頼できます。

とはいえ保管方法が悪ければ、変質してしまっているかもしれません。コンドームの素地は防虫剤などの薬品に弱く、高温多湿でも劣化します。また財布などに入れっぱなしにしておくのも、劣化を招きます。劣化したコンドームが信頼性が落ちてしまうのはアタリマエ。

保管するのにはハードケースが一番適しています。装着するときには爪に引っかかって破けないように、爪を切っていくと良いでしょう。またサイズが合わないコンドームは、大きすぎれば精液が漏れたり、相手の体液が入ってきたりします。途中で外れてしまうことも考えられます。

小さすぎるサイズの時には、破ける可能性もありますよね。自分のサイズにマッチしたものをチョイスすべきです。性感染症の予防として使う場合には、オーラルセックスの時も挿入の時も、そしてスマタの時でさえ、初めから装着していないと意味がありません。

自分が保菌者であれば、精液だけでなく、カウパー氏腺液でも感染させてしまいます。相手が保菌者の時には、相手の粘膜に接触するだけでも感染してしまいます。のどから感染するときもあるのですよ。意識を高く持ってコンドームを使ったにもかかわらず、装着が悪かったり、コンドームが劣化していたことで感染してしまってはあまりに残念です。

正しい使用方法を覚えて、しっかりと予防に努めましょう。コンドームの装着感がキライという人もいますが、近頃では製品的にかなり進歩しています。きっと満足できるものが見つかります。